TopGallery作品 > 木炭で書く

< Dining Vezzy 1st Anniversary | | Bar Palette オープン記念 >

木炭で書く


一粒の砂の中に世界を見出す
野の花の中に天国を見出す
手のひらを限りなく広いところと思い
わずか一時間を永遠(とわ)と感じる
-ウィリアム・ブレイク『無垢な心の予言』-

「木炭で書く」という課題のお清書をGW中に仕上げました。
先日のモノクロ鉛筆たちからコントラストを考えて10本ほどセレクト。
水筆で溶かしたり、影を作ったり・・・

三戸さんのサンプルはアレンジした書体だったのでもっとアーティスティックだったけど、私はまだ基本形しか書けないので、なんかイメージが違う・・
もちろん使ってるツールの差もあるしね。


こちらは、まだ文字を書いただけの状態。
細い線命のビルトアップですが、ペンと違って、すぐ先が潰れちゃうし、柔らかい芯なので尖らすのが難しいし、7行書くのに4時間ほどかかってます・・

KEIKO [11.05.04]

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム