TopReport展示会 > J-LAF主催 Zapf展

< J-LAF主催 文字書く人たち カクトキ・カクオト・カクコトバ | | Inter-Action -手書き文字だから- >

J-LAF主催 Zapf展

震災の影響で半年延期になった待望のZapf展に行ってきました。
まだ残暑厳しいこの週末。
六本木・広尾どこからも10分程度歩かなくてはならない会場ですが、開催後初の週末の今日、午後は身動きが取れないほどの大盛況になっていました。
私は開場後間もなくに訪れたので、1時間ほどゆっくり、じっくり、マイペースに堪能することが出来ました。

活字・フォントとカリグラフィー。
デザイナーとレタリングと手書きの書道家、カリグラファー・・・
文字、文字、文字・・・

カリグラフィーをするようになって気づいた、文字自体の造形、レタースペース、カウンタースペース、行間・・・
だからこそ感じてしまう、多くの商業デザインの違和感。
文字から派生した世界が別々に歩んでしまった故の不思議。

書きながら、感覚で調整していける、手書きならではの、筆圧、スペーシング、ウェイト・・・そこから生まれた計算しつくされた美しきフォント。

文字は記号じゃなくて、コトバを表現するものですからね。
活字であっても、手書き文字であっても、求めるものの共通性を再認識させる、そんな展示会だった気がします。


な~んて、わかったようなレポートしてますけれど、なかなか・・・

25日まで開催してます。
涼しくなる来週、まだの方は是非。


本日は、別のイベントも兼ねており、出不精の私も、久しぶりの展示会訪問。
行けてよかった。
別イベントの方も、感動的だった!
Thank You.
ありがとうを伝えよう。

KEIKO [11.09.18]

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム