TopGallery作品 > Spritual Inspiration

< 2005年度ネットワーク作品展DMデザイン | | Change! >

Spritual Inspiration

2005年カリグラフィーネットワーク作品展の出展作品です。実物を見てくださった方々、ありがとうございます。

昨年末に三戸さんのWSでやった、和紙とアクリル絵の具の下地をあらためて自分でやって、3種類ぐらいの和紙を重ねてテクスチャーを作っています。

題材は先に決めていたので、それをイメージして気の赴くままに作ってみました。結構気に入ってます。

文字は、基本はファンデーショナル体です。

木根渕さんのオープンクラスで、自分なりの字へ変えていくことを挑戦していたのですが、確立できないまま・・・イメージとしては、John Stevensの崩したファンデーショナル・・・だったんですけど、全然ダメダメです。

さらに、予想していたよりも和紙への引っ掛かりが大きく、線もよれよれ。はぁ。納得できる字がかけてれば、自分なりには結構満足の作品だったんだけどな。

実物を見ないとわかりにくいですが、額は超特注です。アクリルとマット、マットと作品の間にそれぞれ5~10mmの隙間ができるように、後ろに箱をつけてもらっています。
和紙の重なりと、この立体的な額があわさることで、かなり遠近感のある作品になって、その点は面白かったです。

肝心の字が一番問題だ・・・

いつも、お手本通りの字はほめられるけど、それが自分では気に入らない。もっと自分らしい字にしたい。動きのある字にしたい。まだそれが書けてない。

DM作品について、三戸さんに、ここはどうしてこうしたの?と言われても、答えに窮してしまった。確立した答えが見つかってない。なんとなく、真似してみたんだけど、同じようにも書けないし、自分なりにも書けてない。基本にも忠実じゃないから、単なるへたくそ。

「WHY?」が一番大事なのよと木根渕さんにも言われたっけ。なぜ、なぜ、なぜ?

自分が一番そこに答えを求めているのなら、徹底的にやってみなくちゃいけないね。中途半端な練習しかしてないから、中途半端な字しか書けてない。

絶対いつか、字だけで人をうならせられるようになりたい!

そう改めて思った作品展でした。

KEIKO [05.04.12]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://estrella-azul.com/mt/mt-tb.cgi/41

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム