TopMyselfMy 2011 > 「募金に応じる気持ちを広める」ってことをコトバにする

< カリグラフィーにまつわる募金活動情報 | | 上を向いて歩こう >

「募金に応じる気持ちを広める」ってことをコトバにする

「募金活動」ってのは、賛否両論あるようですね。
まぁ、誰かに促されなくたって、やる人はやるだろうし、事情があってできない人もいるだろうし・・
要は気持ちの問題で、偽善、売名、無関心、非国民・・・そんなことを人に対してとやかく言うようなことじゃないってことですよねぇ。

さて、私は今回「募金促進」という言葉を使いましたが、みなさんどんな言葉を使っているんだろう?などと素朴な疑問。
「募金拡大」「募金啓発」「募金推進」・・・

最初は私も「啓発」って言葉が浮かんだんですけど、ちゃんと調べてみるとこれって受け身の言葉なんですよねぇ。人が押し付けちゃいけない。これはイカン!と却下しました。

「推進」の類義語も調べてみたんですが、「奨励」「増進」「助長」・・もっと難しい二字熟語などなど・・・なんか、ニュアンスは分かるんだけど、仰々しい感じ。
ホントはもっと「きっかけづくり」的な熟語が欲しい。
「触発」「喚起」「誘起」「誘発」「活性化」
やっぱりこれも仰々しいし、なんとなく原発事故を想像させる感じの漢字だし。(ダジャレ?!)

日本語、こんなにたくさんの類義語があるのに、わたしのしたいことはいったいどれが一番しっくりくるだろうなぁ。

どなたか、良いコトバがあったら、是非教えてください。

<追記>
またまた発見!というか、誤解というか。ちゃんと日本語を理解していたら当たり前?!
「募金する」は義援金を「募る」行為であって、募金先にお金を入れる・送るのは「募金に応じて寄付する」になるんですねぇ。
この辺、あいまいに使ってても、日本語って通じてるから、ある意味スゴイし、海外から見たら不思議な言葉なのかも?
一般的には「募金活動する」が募ることで、「募金する」が寄付することを指していても、まったく違和感を感じてませんね。
もう、こうなってくると「募金をお願いします!」って言葉すらおかしなことになってくるし・・・

かといって、「寄付促進」とか「献金推進」とかって、仰々しすぎて、個人で普通にはなかなか使えませんよねぇ。
じゃぁ、私のは「募金に対する寄付行為を後押しする活動」って感じでしょうか?
むぅ・・・

この先も、間違った日本語使ってるかもしれませんけど、どうであれ、気持ちが伝わることを願ってます。

※ということで、このタイトルもちょっと変更してみました。

KEIKO [11.03.31]

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム