TopGoods & Shop > モノクロ鉛筆たちのサンプルづくり

< 24色100円 | | 持ち運びボトル >

モノクロ鉛筆たちのサンプルづくり

震災後4月から再開した前回の教室で「木炭で書く」というカリキュラムに入りました。 鉛筆、色鉛筆、水彩色鉛筆、チャコール、パステル・・・ 素材と彩度の違う鉛筆たちを使って、ビルトアップで書いていきます。

教室では、三戸さんにいっぱいの鉛筆を貸してもらったわけですが・・・
うぅぅ~やっぱり自分でも揃えたくなってしまい、10数本大人買い。
メーカー、素材、彩度違い・・・揃えだしたらキリがない!!
グレーにもCoolとWarmがあったりするし。

それでも、家にあった鉛筆たちも足すとかなりの量になりました。
さて、自前を揃えた以上、それぞれの特徴をつかんでおかねばってことで、サンプル作りをしましたよ~! 3日がかりの作業でした。

鉛筆たちの肖像画を簡単に描いてみました。
これなら、一目でどの鉛筆なのかわかる!

文字を書いたり、塗ったり、こすったり、水で濡らしたり・・・
なるほどなるほど。それぞれ表情がかなり違うってことが一目でわかります。

水彩色鉛筆が水に溶けるのは当たり前なんですが、逆に全く溶けないのはプラスチックなどに書けるタイプのものだけでしたねぇ。他は微妙にでも溶ける(というか荒い粒子が流れ出る感じです)。

Meltzペンなる、普通の色鉛筆を水彩風にするペンも入手。
あらぁ~。これがあれば水彩色鉛筆いらないじゃないですか。
でも、溶ける雰囲気がちょっと違う。

もっともっといろんな手法を試せるんでしょうけど、とりあえず今回はこんな感じで。

さて、どうやってサンプル帳として綴じようかなぁ。

<5/8追記>

単純ですが、こんな感じで綴じて、ケースに入れることにしました。

ケースの紙はかなり前の(たぶんトーマス氏の)WSで墨汁で書いたものを流用。
なので両面に書かれています。
文字から生まれる空白に注目するWSだったっけかなぁ・・・

紐は和紙毛糸を三つ編みにしました。(結構気長な作業・・・)

KEIKO [11.04.23]

コメント

KEIKOさんは…やっぱりやることが違いますね^_^;

「鉛筆」とカッコでくくれば一つのものも、実は表情も性格も全然違うコがいっぱいいてるのだっていうことを、視覚に見せてもらえます。
きっと、いろんな人が参考にもされていくと思いますよ。
自分も、勉強にはさせていただいてます…が、行動に無理がありますけど(~_~;)

サンプル帳、素敵に綴じてくださいね♪

投稿者 mysticlaw [TypeKey Profile Page] [11.04.24 20:04]

>mysticlawさん
いやいや・・いつも照れるほどお褒めいただき、恐縮です。

カリグラフィーをしていて、ホームページorブログを持っていて、って人まではそこそこの人口があるんでしょうけど、私みたいな見せ方をしてる人が少ないだけなんじゃないでしょうかねぇ。

特別オリジナリティーのあることをしてるわけじゃなく、今までにどこかで学んできたことをやってみて表現してるだけなんですけど、なぜだかひっそりとウケてるみたいで・・・

こうやってメッセージを残して応援してくださる、面識のない方々に私はとても支えてもらっています。

目立つ活動は、どうしても引いてしまうのですけれど、これからも応援してくれる方が居る限り、こんな感じで頑張っていきます。
いつもありがとう!

投稿者 KEIKO [TypeKey Profile Page] [11.04.24 22:54]

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム