TopReportWorkShop > Drawn Lettering and Painting(Roman Capitals)

< アクリル絵の具(和紙)のWS | | Modernized Roman Capitals >

Drawn Lettering and Painting(Roman Capitals)

2004年10月30日~31日 Mr. Tom Perkins Workshop

ストーン・カービングで有名なTom氏による、まさにレタリングの世界。

3センチ角の正方形をつかって、スケルトンでローマンの基本形の確認。

Half Square、3/4 width wide、Full、Roundのグループごとに学びます。

通訳の方がカリグラフィー経験者ではなかったので、大事なポイントがちゃんと聞き取れてるのか正直不安・・・

こんどは5センチ角で肉付け。

コンマ何ミリの指定、直線ではない微妙なカーブ・・・細かい作業は好きなので、私は周りの人ほど苦痛ではなかったけれど、けっこうへとへと・・・

1日目は、肉付けの途中まで。

その中から「S」「N」「O」「W」を写し取り、ペイントを施します。

私は時間が無くて、家で塗りました。ほんとうはこれに、画材を問わず、ジグザグラインを入れて雪が降っている雰囲気を作り、簡単ながら作品と仕上げるところまでで完成です。

2日目は、前日の肉付けの残りの文字をやり、後半はモダンな感じのローマンについてのお話。

伝統的なローマンを元に、どうアレンジしていくことでモダンになるか、何文字かピックアップして説明してくださりました。

その後は、いきなり実践。下書きしたものを見てもらい、レタースペース等を調整して写し取り、ペインティングをして完成です。

最後の一行を塗る時間が無く終わってしまいました・・・

行間を詰めて、テクスチャーを・・という指示でしたが、あえて変わったレイアウトをされている方、アレンジの仕方を工夫してまたちがったモダンさを出している方、色使い、などなど、短い間にみなさんステキな作品を仕上げていました。

ローマンは1年ぶりになるので、ある意味ではよい復習の機会となりました。新しい発見!はあまりなかったかもしれませんが、ペンで形作るカリグラフィーに慣れ親しんでいるので、レタリングはそれなりに楽しかったです。

この厳密さは、ストーン・カービングをしているTomさんだからこそであり、黒板にでさえ美しい文字を書かれ、それはとても価値ある時間でした。

KEIKO [04.10.31]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://estrella-azul.com/mt/mt-tb.cgi/82

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム