TopReportWorkShop > Modernized Roman Capitals

< Drawn Lettering and Painting(Roman Capitals) | | Make Your Letters More Beautiful >

Modernized Roman Capitals

2004年11月4日 Mr. Tom Perkins Workshop

「現代風にアレンジされたローマンキャピタル」ということで取ったこのWSですが・・・モダン??

まぁそれは置いておいて・・・バーサル・Built Upの世界です。先日のWSでしっかり基本形を復習してあったので、わりとすんなり進めることが出来ました。

今回は三戸さんが通訳でした。やっぱりよくわかるわ。(自力で聞き取れたらベストなんだけどね・・・)

1文字ずつ、デモンストレーション⇒練習を繰り返します。

バーサル等と違うところは、ペンアングルが0°とか90°とかじゃなく、通常の持ちやすいアングルで良いと言うこと。

それから、鉛筆で骨組みだけ下書きしていること。

そういう意味でモダン・・・だったのかなぁとふと思ってみたり。
形はわりと伝統的よね?!

自分の名前などで単語にしてみます。

私は、サイト名の「ESTRELLA AZUL」にしましたが、これまたスペーシングが超難関。
ほら、ばらばらでしょう?
「EST」までのスペースが良いので、これにあわせて、その後を広げたり詰めたり調整しました。

水彩紙にガッシュで書いていきます。
スペーシングも良くなりました。「LA」はくっつけちゃって良いそうです。

褒められた「Z」

お向かいの席の方が、ホントに美しくて、Tomさんもべた褒め。「僕の代わりにデモンストレーション出来るね」って。
良いもの見させてもらいました。

バーサルほど厳密ではなく、最終的にこの形になればいい。
私はそう解釈しました。だから、先日のレタリングでやったモダンなローマンも、同様にペンで書けば、やりたかったことが実現できるのだなと。

ローマンは見慣れた形だからこそ、奥が深く、そしてアレンジのしがいがあり、表現は様々。それがTomさんのWSで学んだこと。

KEIKO [04.11.04]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://estrella-azul.com/mt/mt-tb.cgi/81

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム