TopReportWorkShop > アシカさんWS

< ルーリングペンの追求 | | カリグラフィカフェby川窪万年筆 >

アシカさんWS

今日は暑いくらいのお天気。
そんな中、午後はアシカさんのWSに行ってきました。

mojitorでご紹介されるまで、その存在すら存じてなかったのですが、初めて見た時から、惚れました。
私の大好きな水彩画も、イラストも、カリグラフィーも全部できちゃう!
それもそれも、かなり好みのタイプで!!
きゃぁ~やっぱりこういう方が居てしまうのね!

ちょっと早めに行って、まずは作品鑑賞。
あぁあぁ、もう~。こんな風になりたいよぅ。
とため息ばかり。

さて、WS前半は、水彩の知識がみなさんどんなものかわからないので・・・
ということで、水彩の特性を簡単に体験。
にじませたり、重ねたり、吸い取ったり。
ここしばらく、固形絵の具を使っていたので、チューブ絵の具は水の分量が掴めず、少々戸惑いました。

中盤は、そのテクニックと色の組み合わせ。
今回は3時間というきわめて短いWSなので、色は「緑」限定です。


そしていきなり、デッサンをして、彩色!
ゼラニウムの葉とローズマリー。良い香り。

水彩画ですから、普段の水彩イラストの時とはちょっと勝手が違う。
いつもは鉛筆は「下書き」のツール。でも、今回は「デッサン」なのです。

彩色のしかたもやっぱり違う。
でも、共通しているのは水彩絵の具の透明性。
水を含んだ状態でのテクニック、乾いてからのテクニック。
やっぱり水彩ってステキ♪

お茶とお菓子の後は、いよいよ、ビリー君登場。
パソコンでのデモンストレーションが続きます。
あれよあれよと画面上に描かれていくイラスト。

いいなぁ。
写実的にも描けて、デフォルメも描けて・・・

「うちの子」だったら、だんだん描けるようになるわよ~と、アシカさん。
半農半デ(ザイン)生活をしている、独特な雰囲気をもった、スマートなステキな方でした。


イラスト教室で描いたアルマはとても公開できなかった・・・
アルマのイラスト、いつか絶対描いてやる!!
そう自分に誓ったのでした。

KEIKO [09.04.11]

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム