TopGallery作品 > Italic Variations -Songs of the EARTH-

< Change in the Quality of Life | | Dining Vezzy 1st Anniversary >

Italic Variations -Songs of the EARTH-

ペン先:ブラウゼ、ミッチェル/ブリードプルーフホワイト、ガッシュ/キャンソン・ミ・タント

教室で約3年をかけて取り組んできたイタリック体。その集大成として、半年近くをかけて完成させました。過去のカリキュラムでやったことを復習し、オリジナルの書体をつくったり、それらを自分の字になるまで書き連ね、そしてレイアウトの検討、配色・・・本番自体も数日を要して書き上げました。
小さなミスはあるものの、今まで学んできたことを生かして補正できたところもあったり、それでも気になる部分は残っていますが、こうして大作として書き上げられたことに、ホッとし、そして満足しています。
カリグラフィーを10数年前に始め、最初に習った書体。それがイタリック体でした。今、自分の手から20種類以上のイタリック体がつむぎだされたことへの驚きと、その奥深さへの感動でいっぱいです。

引用出典「Songs of the EARTH」Running Press

----------------------------
この作品の制作過程は、ここでも時々紹介してきました。
トラブル続きの本番でしたが、日の目を見る日を迎えたことに、ちょっと感動。
(※上記画像は、レイアウトミスをしたところの補正をしてありますので、部分的に実物と異なります。)

カルチャーセンターで教わるイタリック体しか知らない人、
三戸さんのところで、イタリックをこれから学ぶ人、いま取り組んでいる人、
もう自分なりに、一応イタリックは修了した人、
イタリックは傾斜した文字だと思ってる人、
カリグラフィーの「カ」の字も知らない人・・・
いろんな人たちに、直接見てもらって、何かを感じてもらえたら幸いです。

-------
アクリル板って、静電気ですごくごみを寄せ付けるのね・・・
半年、家に飾ってる間に、ずいぶんと汚れてしまってました。
大きくって・・・拭き取るのも難しい。
会場で飾られるとき、指紋やホコリがいっぱいついたままですけど、ご勘弁を・・・

KEIKO [10.06.28]

コメント

カリグラフィー始めて十数年ですか…
すごいです^^
そうやって続けてきたことが、ここに結実してるわけですもんね。
自分などは、KEIKOさんの半分くらいですが、あと6年やったとしても、ここまでにはなれません。

真摯な姿勢だからでしょうね。
遠いですが、大きな目標にさせていただきます^^

作品展の大盛況、祈ってます♪

投稿者 mysticlaw [TypeKey Profile Page] [10.06.28 19:36]

mysticlawさん

こちらへのコメントもありがとうございます。
mysticlawさんはまだそんなもんですか?
とてもそんな風には見えないだけの、実力をお持ちではないですか!

ここまで続けると、たいていは先生への道とか、新たな道を見つけている方が多いのでしょうけど、私はどうなんでしょうねぇ。
行き詰ることも多々ありますが、これからも末永く付き合っていきたいと思っています。

mysticlawさんも、自分らしく楽しんでください。

投稿者 KEIKO [TypeKey Profile Page] [10.06.28 19:58]

直に見たいっ!と前々から思ってました^^
そしてkeikoさんにお会いできるのも楽しみっ。
最終日なのでグッズが残っている事を願うだけです♪

投稿者 まさ [10.06.29 23:07]

まささん!
まさか、見に来てくれることになるとは!!
想像もしていませんでした。
案内状は送りましたけど・・・ホント、お知らせのつもりだけで・・・
感動で言葉もありません。

グッズは明日仕事帰りに売れ行きを見て、もし順調に売れてて、気持ちの余裕があったら追加制作も考えてます・・・

それにしても~。
この場で会えるなんて、なんて、なんて・・・あぁ、幸せです。
ありがとう~
お待ちしてます!

投稿者 KEIKO [TypeKey Profile Page] [10.06.30 00:08]

はじめて、コメントいたします!
いつもとっても素敵な作品でため息ですが、
この作品!
作品展で拝見して、感動してブックカバーなど
購入して、勉強させていただいてます♪♪
私もいつか、こんなイタリックのバリエーション、
仕上げたいです♥

投稿者 sana [11.02.14 07:51]

sanaさん
はじめまして。こんばんは。
コメントありがとうございます。
展示会で、実物を見てくださったのですね!
うれしいです~

ポスターより、ブックカバーの方が好評で・・・(ポスターだとデカすぎるのかしら・・やっぱり。)
いつか電車の中でこのカバーがついた本を読んでいる方を見つけるのが夢です(笑)

ここまでの大作は後にも先にもこれっきりになってしまうかもしれませんが、私にとっても心に残る作品となりました。

今後ともお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。

投稿者 KEIKO [TypeKey Profile Page] [11.02.14 20:14]

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム