TopMyselfMy 2011 > 特別な時間

< 谷根千散歩メモ | | tHank you >

特別な時間

(注:どうでもいいような独り言なので、あまり真剣に読まないでください。)

3年前に、某国家試験、次いで去年も別の試験を受験し、どちらも1年弱の受験勉強期間で幸いにも合格を勝ち取りました。
それよりさかのぼると・・・結構多分野に亘るいろんな資格をポツポツと取り続けてるんですね。わたし。
今回の2件みたいに必死で勉強したのもあれば、そうでもないのも多いのですけど。
ま、資格うんぬんの話は置いておいて・・・
つくづく、自分が時間の過ごし方っていうのか、楽しみ方が下手くそなのだなぁと思います。
さびしいほどの孤独はもちろんイヤですけど、人と過ごすほうがストレスを感じちゃうので、一人で過ごすことが大半です。かといって、一人で楽しく時間を過ごせるのならいいんですけど、そうでもなく・・・実際、カリグラフィーなんかも、これだけやってたら満足ぅ~ってほどにはなれないわけで、やらなくちゃ!って無理やりやってることもあったりします。

何か特別な予定がない日、時間・・・
ぼけぇ~っと過ごすのが幸せと思う人もいるでしょうし、特別じゃない些細な何かを楽しんで過ごせる人もいるだろうと思うのですが、私の場合、ぼけ~っとは過ごせず、結局なんだかんだと些細なことをせずにはいられないし、そんなことで一日が終わってしまったとき、今日も何もしなかったなぁ、もったいないなぁ。と思ってしまうわけです。
かと言って、特別な何かがあればあったで(大抵は人と関わるようなコト)、相当疲れ果ててしまうわけなのですが。

そんなわけで、一人で過ごす特別な何かを私は常に求めてしまってるような気がします。
それが「勉強」ってやつ。
人は言ってくれます。「KEIKOちゃんは向上心がある」と。
向上心・・・果たしてそうなのだろうか?
勉強し、結果を出してはいるものの、多くの資格なりは、生活を潤す役にたっていません。だって、それを以てして、自分を人にアピールするってことが出来ない私だから。
だったら、何の資格じゃい!!ってことですわ。

一応、それなりの目的を持って選んで目指した資格ですので、無駄ってことはないのですが、資格って目標が終わってしまうと、また上手く時間を過ごせなくなってしまうのです。
勉強してる間は、それが最優先になってしまい、融通が利かなくなって、人を傷つけることもあったりして、それはそれでとても問題ありなんですが、とにかく、日々、やること、やらなくちゃいけない特別な何かがあるってことで、一日に満足できていたりしました。

というわけで、去年の試験から半年ほどは、腑抜け状態で、図書館で借りてきた小説を読む事だけが時間を過ごす唯一の特別なことに。
後はお酒が入ってる時だけは、そういう思いから解放されるので、一人飲みの毎日です。

お酒は・・・ま、置いておいてですね(苦笑)


話は飛びますが、高校時代、それまで特に得意だったわけでもないのに、急に数学脳に目覚めたのか、母親の遺伝なのか、数学だけはやたらめったら出来た時期があります。偏差値が最高で74くらいあった時も。なんだか、難問を解くのが楽しくて、解けたときの気持ちよさったらなかったんですね、あの頃。
大学入って、社会に出て、数学なんか使いませんからねぇ、あっという間に、基本の公式一つ思い出せないし、記号の読み方すら忘れちゃって・・・
時々、数独とかのパズルに接すると、やっぱり好きなんだよなとは思うのですが、生活に役立つわけじゃなし、改めて思い出す必要なんてなくて、なぁなぁと10数年過ごして来ました。

ところが、先日、TVで「今、数学が流行ってる」という話題を観て、単純ですが刺激を受けちゃいました。
オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ
私もこの本に挑戦したいなぁと、思っちゃったわけです。

さて、そんな私なんですが、小中学校の時には特段、算数・数学ができたわけじゃないので、実は算数(計算)が苦手なんです・・・
算数は社会に出てももちろん使ってるんですが、不便に感じるほどできないわけじゃないし、計算機があれば問題ないし。
でも、今からなんとかならないものだろうか?改めて数学やるなら、計算も早くなりたいなぁ。なんて欲が出てきました。

子どもならそろばんが一番いいんでしょうけど、大人の教室がほとんどないことを見ると、固い脳には向かないってことなのかな?
というわけで、「インド式計算」をやり始めてみました。
いえ、インド式って別に特別なことじゃなくて、単に因数分解してるだけなんですけど・・・そう思ってしまったら、進歩しないので、バカみたいに単純な算数を訓練してます。家でも電車の中でも。

それが、今の私の特別なこと。特別な時間の過ごし方。

おかしな奴です。ワタシって奴は。

オイラーまでは、果てしなく遠い・・・

KEIKO [11.09.08]

コメント

コメントしてください




Cookieに保存しますか?


検索フォーム